校長メッセージ

令和4年度の始まりにあたって

 校長 松見 早苗

   

  亘理高校のホームページにアクセスしていただきありがとうございます。

  本校の位置する亘理町は宮城県の南東部,仙台市から南へ26キロメートルほどのところにあります。東に太平洋,西に阿武隈山地,北に阿武隈川が流れていて,冬は比較的暖かく,夏は心地よい海風が暑さを和らげてくれる,そのような町にある学校です。

  本校は,亘理伊達家,伊達成実公が築いた臥牛城の学問所である日就館跡地に,明治31年(1898年),郡立の養蚕学校として設立されました。創立以来,時代の変化に伴って校名や教育内容の幾多の変遷を経て,平成30年に創立120年目を迎えた県内でも屈指の伝統ある学校です。「質実剛健」「勤勉力行」の校訓のもと,地域の文化や教育の拠点として,これまで19,000名余りの有為な人材を輩出し,卒業生は地元亘理町や山元町はもとより,県内外の各地で活躍しています。

  各学年5クラスで今年度は,全校で360名の中規模校ですが,普通科(普通コース/園芸コース),食品化学科,商業科,家政科の4学科2コースを設置し,大学や専修学校,就職等の多岐にわたる生徒の進路希望に対応しています。

  昨年度は様々な専門学科がある本校ならではの特色を生かし,食品化学科では「イチジクのキャラメルソース」が山元町からブランド認証を受け,イチジクグミやイチジクのクリームチーズに引き続き商品化されました。また,昨年度に引き続き家政科の生徒が,「高校生地産地消お弁当コンテスト」で優秀賞を獲得し,お弁当が商品化されミニストップやイオンで販売され好評を博しました。

  このように地元に根ざし地元に愛されている学校ですが,太平洋まで7.5kmの距離にある学校でもあり,東日本大震災では様々な体験をしました。震災後11年を経て復興が進む宮城県亘理町にある高校として,これからも一人ひとりを大切にし,人のために尽くすことができる真に強い人間の育成のため,教職員一丸となって教育活動の充実に努めてまいります。

  今後とも本校の教育活動にご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。